下水道 新 技術 推進 機構 技術 マニュアル

下水道管路管理の包括的民間委託推進マニュアル(案)(2018年) 下水道由来肥料の利活用マニュアル~施用量をどのように決めるか~(2018年) 効率的・効果的な浸水対策に資するポンプゲート設備に関する技術マニュアル(2018年)

下水道 新 技術 推進 機構 技術 マニュアル

下水道展; 新技術 ... 技術マニュアル ... 下水道機構は、1992年9月に設立され今年で20年目を迎えます。設立の年度当初から、機構の活動や成果、事業への導入事例等を広く一般にお伝えするため、機関誌を発行しています。 本機構では『新技術の橋わたし』の役割を果たすため、日本国内に限らず、広く海外の下水道界との交流を通して、 下水道技術に関する情報を収集し、新技術研究発表会、新技術公開講座、技術マニュアル活用講習会等の開催、 および下水道新技術研究所年報、季刊誌の発行・配布など、様々 ... 民間企業と共同で研究した新技術を紹介するため、技術マニュアル活用講習会を開催しています。新技術を採用する上で、その内容をより深くご理解いただき、有効に活用しやすいよう、講習会に参加する皆様に技術マニュアル等を配布し、研究担当者がパワーポイント画面により図・表を多用 ... タイトル (財)下水道新技術推進機構 下水道機構が発行する「技術マニュアル・技術資料」--下水道処理施設ネットワークに ... 下水道機構が行う建設技術審査証明事業(下水道事業)は、下水道事業における新技術の活用促進に寄与することを目的として、民間企業において研究開発された新技術を対象に技術的な審査を行い、その性能、特徴等を客観的に証明しています。 下水道工事は施工環境や工事内容が複雑で、現場条件が非常に制約されています、これらの制約条件に適正に対応するための「下水道土木工事共通仕様書(案)」に、国土交通省都市・地域整備局下水道部と国土技術政策総合研究所総合技術政策研究センターが共同で作成した「下水道土木工事 ... 下水道雨水浸透技術マニュアル(2001年6月)日本下水道新技術機構. 概要版 本編はこちらから(登録または申し込みが必要です。) 小規模雨水貯留浸透・排水配管システム技術マニュアル(2007年3月)日本下水道新技術機構 ③技術講習会:中止(すべての会場) ④更新講習会:会場での講習会は中止(すべての会場) (別途更新方法が決まりました⇒ ) ※今年度、推進工事技士資格が更新となる方の更新手続き方法及び推進工事技士二次試験については、現在検討中ですので、決定次第(12月頃)再度、ご案内 ... 可能な技術を試⾏ 下⽔道本管から取付 管を調査するtvカメ ラシステムを試⾏ 樹⽊管理技術 下⽔道点検調査技術 × × 産学官民の会員ネットワークを活かし、企業間連携による技術開発や新技術の現場試行の促進、ベストプラク ティスの横展開等を実施 下水道BCP策定マニュアル改訂検討委員会 委員の構成 (順不同・敬称略) (令和2年3月現在) 委 員 長 明治大学研究・知財戦略機構研究推進員 中林 ... 〃 公益社団法人日本下水道協会技術研究部長 井上 ... その後、河川と下水道が個別に進めてきた当該施設の設計・施工・維持管理技術の一本化を図 るため、(財)下水道新技術推進機構と共同でプラスチック製雨水地下貯留浸透施設技術マニュア ルを2010(平成22)年12月に発刊するに至りました。 ・下水道浸水被害軽減総合計画策定マニュアル(案)(h28.4) 下水道浸水被害軽減総合事業の活用によるハード・ソフトを組み合わせた総合的な浸水対策を御検討の方 ・水位周知下水道制度に係る技術資料(案)(h28.4) 水位周知下水道の指定を御検討の方 本手引きのテーマである「不明水対策」は、古くは、(社)日本下水道協会、最近は、 (財)下水道新技術推進機構などで発刊されている指針や手引きがありますが、最新 の流出解析技術の活用、不明水を総合的な観点で捉え整理した点は従来の指針や手引 平成29年1月27日 下水道局. このたび、東京都下水道局では、平成28年度から平成32年度までの5か年を計画期間とする下水道界では先駆的な「技術開発推進計画2016~未来(あす)の暮らしと環境を育む下水道技術~」を策定しましたので、お知らせします。 事業の効率化を支える新技術・新技術導入の必需品・技術マニュアル (マニュアル作りの方針と実際)2001年7月発行 本ページの図表は省略してあります。詳しくは推進機構にお問い合わせしてください. 目 次. 1. 下水道事業の動向; 2. 下水道新技術機構 研修啓発 _____ 下水道新技術機構では、技術者の知識や下水道技術の向上、下水道事業への啓発等を図るため、下水道新技術研究発表会、技術マニュアル活用講習会、下水道新技術セミナー、技術サロン、新技術現場研修会など様々な機会を設けて、最新の各種情報の発信等を ... 技術指針課: 下水道推進工法の指針と解説 -2010年版- 2010年: 10月: 15,675 円(14,250 円+税) 9,878 円(8,980 円+税) 技術指針課: 下水道台帳管理システム標準仕様(案)・導入の手引きVer.4 CD-ROM付: 2010年: 7月: 9,361 円(8,510 円+税) 7,843 円(7,130 円+税) 技術 ... 用、技術開発等によりさらなる効率的な取組の推進が求められている。 こうした背景から、平成 27年5月の下水道法改正においては、下水道管理者に対し発生汚泥のエネルギー化・肥料化の ④:下水道維持管理指針 2003年版 (社)日本下水道協会 ⑤:合流式下水道における雨天時増水対策の手引き(案) 2003年3月 (財)下水道新技術推進機構 (出展:不明水対策の手引き 平成20年3月 (社)全国上下水道コンサルタント協会) 推進するための手引き ... 公益財団法人日本下水道新技術機構研究第部主任研究員 馬場 理 一般社団法人全国上下水道コンサルタント協会 領司 重昭 ... 公益社団法人日本下水道協会技術指針課係長 川越 淳悟 文献「下水道機構のページ プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル〔改訂版〕の概要」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 3.技術を取り巻く動向 1)下水道汚泥資源化・先端技術誘導(lotus)プロジェクト 国土交通省では、下水道事業で重点的に新技術開発を推進する「下水道技術開発プロジェクト(spirit21)」を、平成14年3月より実施している。 本技術は、この改良型伏越しを連続的に至近距離で採用するもので、埋設物が連 続的に横断しているような箇所における未普及解消技術として期待されるものであ る。 本技術利用ガイド(案)は、下水道クイックプロジェクト推進委員会における技術 下水道推進機構技術審査証明習得. 技術審査証明とは (財)下水道新技術推進機構は民間における、研究開発の促進および新技術の下水道事業への適切かつ迅速な導入を図り、下水道施設の機能向上を図ることを目的に建設技術審査証明事業を行っています。 また、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(nedo)においても、「省水型・環境調和型水循環プロジェクト」を平成21年度より開始するなど、他の機関においても水ビジネス展開のための膜処理技術の研究開発・実証が推進されています。 下水道 ... 日本下水道協会のⅡ類認定資器材に全国ボックスカルバート協会規格を登録: 平成7 年: 阪神淡路大震災 (ボックスカルバート管路としての機能は保持された) 平成8 年 「プレキャストボックスカルバート技術マニュアル」発刊(下水道新技術推進機構 ... (社)日本下水道協会 「推進工法用設計積算要領-小口径管推進工法編-」【2013 年版】 (社)日本下水道管渠推進技術協会 「下水道マンホールポンプ施設技術マニュアル(案)」【1997 年6 月】 (財)下水道新技術推進機構 (財)下水道新技術推進機構 下水道機構が発行する「技術マニュアル・技術資料」--下水道処理施設ネットワークに関する ... 本感謝状は、下水道事業の課題解決につながる様々な共同研究に参画し、研究の推進に貢献した民間企業等に、授与されるものであり、同社は「嫌気性消化法の導入マニュアル策定に関する共同研究」 (同機構及び他11社による協同)および、「オキシデーションディッチ法の省エネ技術に関する ... (公社)日本推進技術協会会員の下水道展への出展内容の見どころなどの紹介記事を予定しておりました。 しかし前述のとおり中止となったため、推進技術の最新情報を満載した特集「推進技術・最前線」に企画を変更し本誌編集委員会の総力によりお届けいたします。 (財団法人下水道 新技術推進機構 (国土交通省 都市・地域整備局 下水道部下水道事業課) 随行者 (国土交通省 都市・地域整備局 下水道部下水道事業 課) 随行者 出 入 口 平成21年度 第2回 下水道BCP策定マニュアル(地震編)検討委員会 中林委員長 ・ 「新管路システム(Ⅰ)設計マニュアル(資料編)」(財)下水道新技術推進機構(1994) ・ 「推進工法立坑編」(財)日本下水道管渠推進技術協会(2011) ・ 「小口径管推進工法・低耐荷力方式編」(財)日本下水道管渠推進技術協会(2010) 下水道新技術推進機構(石川忠男理事長)は10月7、8日の両日、東京・新宿区の同機構会議室で平成22年度技術マニュアル活用講習会を開いた。今回は「下水道電気設備の更新方法に関する技術資料」など6つのマニュアルの概要を解説した。 はじめに(公財)日本下水道新技術機構(以下,下水道機構)は,「技術の橋わたし」をスローガンに,産学官連携のもと,下水道事業における様々な課題を解決するための調査,研究,開発,評価等を行い,土木資材、建築資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等のデータを収録し ... 合流改善対策技術 小貫 元治 , 藤原 弘道 , 川地 知代子 下水道協会誌 47(570), 37-46, 2010-04-15 1988年 8月 日本下水道協会に入会 1993年 4月 新管路システム(Ⅰ)設計マニュアル完成 (財)下水道新技術推進機構発行 > 1994年 6月 通商産業省工業技術院よりjis 原案作成の委託を受理 1) 「管更生の手引き(案)」平成13年6月㈳日本下水道協会 2) 「管きょ更生工法の品質管理 技術資料」平成17年3月㈶下水道新技術推進機構 3) 「管きょ更生工法(二層構造管)技術資料」平成18年3月㈶下水道新技術推進機構 4) iso tr11295:1985(E) 타이틀 (財)下水道新技術推進機構 下水道機構が発行する「技術マニュアル・技術資料」--下水道処理施設ネットワークに ... Title (財)下水道新技術推進機構 下水道機構が発行する「技術マニュアル・技術資料」--下水道処理施設ネットワークに ...