地域 産業 連関 表 作成 基本 マニュアル

平成17年表作成時の推計方法、産業連関幹事会編集「地域産業連関表作成基本マニュ アル」、産業連関部局長会議編集「平成23年(2011年)産業連関表作成基本要綱」等を参考 に推計を行った。生産額はCT(コントロ-ル・トータルズ)と呼ばれるように ...

地域 産業 連関 表 作成 基本 マニュアル

平成27年表に係る作成作業の骨格については、既に、「平成27年(2015年)産業連関表作成基本方 針」として、平成28年3月18日の産業連関部局長会議決定により定められたところであるが、この「平 地域産業連関表作成基本マニュアル 行政管理庁統計主幹 [編] 行政管理庁統計主幹, 1980.1 第1次案 り、独自の産業連関表を作成している。 このように、産業連関表の対象地域は、基本的に単一自治体が念頭に置かれ、その作成方 法は必ずしも統一されていない。そのため、産業連関表から得られる数値について市町村間 10.09.2020 · ここでは、産業連関表の概念、作成目的、主な利用、産業連関表(取引基本表)の概念図などを記載しています。 第1部平成23年(2011年)産業連関表の作成の基本 ここでは、平成23年表の基本的なフレームや前回表との相違 ... 15.09.2020 · 原則5年ごとに作成する各年次の産業連関表はその基本的なフレ-ムに大きな相違点はありませんが、作成の都度、部門の設定、各部門の概念・定義及び範囲等の面でいくつかの変更が行われており、そのままでは相互の比較が困難となります。 地域間産業連関表は、同時に複数の地域を対象とした表であり、地域間相互依存関係を通じた各種の地域間波及効果分析を行うことを目的として作成された表である。 産業連関表作成基本要綱は、産業連関表の基本的なフレーム、前回表との相違点、本要綱作成時点で想定される作成方法、部門分類など、産業連関表作成に当たっての基本的な事項を取りまとめたものです。 平成27年(2015年)産業連関表作成基本要綱 式な地域間表は作成・公表が中止となった(平成12年試算地域間産業連関表として個人作成)。 地域間表は、各地域が投入する財・サービスの原材料がどの地域から仕入れられたのか、一方、その商品 造変化に着目した「延長産業連関表の作成」,国際的なグロー バル化が進む中での「国際産業連関表の作成」など,時代の行 政ニーズに合わせて様々な産業連関表の作成を行い経済産業政 策に貢献してきた.中でも地域産業連関表は平成2年表から全 「地域産業連関表作成基本マニュアル」(総務省)の作成方法に準拠して作成することを基 本としている。 (1)推計資料について 地域表であるさいたま市産業連関表の作成にあたっては、既存資料を活 … する産業連関表の作成が試みられている. 2-2 地域産業連関表の作成方法 都道府県や市町村が平成12年産業連関表を 作成する場合,「平成12年(2000年)産業連 関表作成基本要綱」,総務省統計局統計基準部 (2001)「地域産業連関表作成基本マニュアル」 2 産業連関表作成手順 について (1)産業連関表作成手順の概略 産業連関表の作成事業は、基本数針・基本要綱の決定、これらに基づく計政の推計を行う ための資敘の収集・敁理、計政の推計と調敁、結果の公表という手順で行われる。その資 市町村地域産業連関表の作成と応用 本田 豊・中澤純治 目 次 I はじめに 1.市町村地域産業連関表の必要性 2.地方自治体の現状 n 市町村地域産業連関表の作成順序と推計方法 1.生産額の推計 2.投入額(中問投入,粗付加価値)の推計 神奈川県産業連関表推計 マニュアル 清水信行 神奈川県では,5年毎に作成する地域産業連関表を,効率的か つ効果的に作成し,より精度の高い表にするため,また,表作 成のためのノウハウを継承するため,独自に「神奈川県産業連 作成する平成 23 年さいたま市産業連関表の基本フレームは、基本的には国の平成 23 年 の産業連関表に準拠するものである。 1.対象期間と地域的範囲 (1)対象期間 ・産業連関表に記録する生産活動及び取引の対象期間は、平成 23 年1 月から 12 月まで Amazonで貴夫, 入谷の地域と雇用をつくる産業連関分析入門。アマゾンならポイント還元本が多数。貴夫, 入谷作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また地域と雇用をつくる産業連関分析入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 1 平成27年沖縄県産業連関表は、平成27年(2015年)産業連関表作成基本要綱(産 業連関部局長会議)、地域産業連関表作成基本マニュアル(総務省政策統括官(統計 基準担当))、平成23年地域産業連関表作成基本要綱(経済産業省)に基づき作成し てい ... 統計専門課程 産業連関表の作成・分析 統計基本課程を修了程度の職員を対象として、産業連関表の知識と分析手法を演習・実例で学びます。 Excelで関数やピボットテーブルなど、PCの操作に慣れている職員を対象とした課程 地域産業連関表は、地域の産業構造分析や地域経済構造分析やイベント等の経済波及効果分析のツー ルとして利用されている。地域産業連関表のための用語や作成方法について説明する。 部門別概念、定義、範囲等は「平成23年(2011年)産業連関表作成基本要綱」(産業連関部局長会議 平 成25年1月)に準拠している。また推計方法については「地域産業連関表作成基本マニュアル〔未定 稿版〕」( 産業連関幹事会 平成26年6月)等を参照した。 地域産業連関表作成基本マニュアル. 光谷一二三[編] 行政管理庁統計審査室, 1981.3. タイトル読み. チイキ サンギョウ レンカンヒョウ サクセイ キホン マニュアル 地域産業連関表作成基本マニュアル: 著作者等: 行政管理庁統計主幹: 書名ヨミ: チイキ サンギョウ レンカンヒョウ サクセイ キホン マニュアル: 巻冊次: 第1次案: 出版元: 行政管理庁統計主幹: 刊行年月: 1980.1: ページ数: 748p: 大きさ: 25cm: NCID: BA62168012 ... 総務省編集「地域産業連関表作成基本マニュアル」等を参考に推計を行った。生産額はCT (コントロ-ル・トータルズ)と呼ばれるように、産業連関表を作成する上で非常に重要な役割を果たし ている。 地域産業連関表作成のための用語及び推計方法を説明する。各種係数表の作成方法や 経済波及効果分析のため演習(Excel等による事例演習)を実施する。 受講に必要な 基礎知識等 (参考)産業連関幹事会(2014)「地域産業連関表作成基本マニュアル」 作成する平成23 年千葉市産業連関表の基本フレーム1は、基本的には国の平成 23 年の産 業連関表に準拠するものである。 1.対象期間と地域的範囲 (1)対象期間 ・産業連関表に記録する生産活動及び取引の対象期間は、平成23 年1 月から12 月まで 1 第1章 神奈川県内全市町村産業連関表の作成 都道府県や政令市では、産業連関幹事会1の配布する「地域産業連関表作成基本マニュア ル」 を参照 しつつ 、それぞれの 地域特性を踏まえて 産業連関表を作成 … ・産業連関部局長会議(2013)『平成23 年(2011 年)産業連関表作成基本要綱』 ・産業連関幹事会(2014)『地域産業連関表作成基本マニュアル(未定稿版)』 ・総務省(2015)『平成23 年(2011 年)産業連関表-総合解説編-』 【都道府県刊行資料】 (平成22年3月26日公表) 経済産業省では、調査統計部と各経済産業局、内閣府沖縄総合事務局及び沖縄県との共同事業により、昭和35年以来5年ごとに、全国を9地域に分割した地域内産業連関表(以下、地域内表という)を作成している。 さらに調査統計部では、これら地域内表を連結した地域 ... (2)産業連関表の2つの“機能”から明らかとなる地域事象 (3)信用金庫が地域産業連関表を作成、利活用することのメリット (4)地域産業連関表(2000 年表)の公表状況 2.信用金庫等による「95 年版マニュアル」に基づく成果 は,地域産業連関表を作成している都道府県・市の担当の方々 から,推計方法等に関して情報を収集した.本稿では,その主 な結果について述べている. 1.はじめに 都道府県や政令指定都市等の産業連関表作成 の歴史は国の産業連関表の作成とほぼ ... 経済産業省(調査統計部と各経済産業局)、内閣府沖縄総合事務局及び沖縄県との共同事業により、昭和35年以来5年ごとに全国を9地域に分割した地域内産業連関表(以下、「地域内表」という)を作成してきたが、さらに調査統計部では、これら地域内表を連結した地域間産業連関表(以下 ... 作成にあたっては、国の地域産業連関表作成基本マニュアルに準拠し、あらゆる統計資 料を加工、分析して一つの統計表にとりまとめていますが、資料の制約や推計の方法など 産業連関幹事会編集「地域産業連関表作成基本マニュアル」、産業連関部局長会議編 集「平成27年(2015年)産業連関表作成基本要綱」等を参考に、項目別に品目ごとの推 計を行い、これによらない場合は項目計を先に求めてこれを全国表の構成比等で按分し 産業連関表の構造についてもう御存知の方は、次の第1章はとば してしまってかまいません。 それでは、具体的に産業連関表を見ながら話を進めましょう。。 入門産業連関表_本文.indd 3 … 地域間産業連関表. 平成12年試算地域間産業連関表 ここに掲載されている各種のデータはあくまでも個人が作成したトピック分析用のデータであり、経済産業省の公表物ではありませんので、当データを利用した資料を作成する際には、経済産業省の資料と誤解されないような資料出典の記載を ... 推計にあたっては、「平成17年産業連関表作成基本要綱」(産業連関部局長会議)及び 「地域産業連関表作成基本マニュアル」(総務省政策統括官統計基準担当)に準拠した。 5 部門別概念定義 (1)内生 … 循環型地域づくりの取組が地域活性化に寄与することを実証するため,宮城県南三陸町における関係施策の経済効果を地域産業連関表の応用により分析する.平成25年南三陸町産業連関表を作成し,中核的施策であるバイオガス事業につき部門を新設して効果を推計するとともに,これと一体的 ... 1 各項目の説明は、「平成17年(2005年)産業連関表作成基本要綱」(平成19年2月産業連関部局長会議 総務省等10省庁)、「地域産業連関表作成基本マニュアル」(平成13年12月総務省統計局統計基準部)か らの抜粋等による。 作成にあたっては、国の地域産業連関表作成基本マニュアルに準拠し、あらゆる統計資 料を加工、分析して一つの統計表にとりまとめていますが、資料の制約や推計の方法など